K子のパース便り №13クールビズしますか

2011年05月24日

K子のパース便り №14







 昨日、今日と2連休。

 また明日から仕事だ。

 昨日は一日中、部屋でゴロゴロして過ごした。

 で、今日・・・、

 メールをチェックしたら、

 偶然にもK子からのメールが。

 しかも日本語で(笑)。

 ただし、残念なことに写真は添付されていなかったので、昨日に引き続きワイナリーで写したもの(というか、葡萄の写真しかなかった、笑)を掲載することにした。






110524-01perth

【サンダルフォードの葡萄の木、奥の木はワイン用かな】






 しばさん、お元気ですか?

 私は先週の金曜日にアルバニーからパースに戻ってきました。

 やっと日本語でメールが打てる環境に(笑)。

 ゴールデンウイークの営業、お疲れ様でした。

 あれからあまりにも時間が経ってしまって何を書いたらよいのか・・・?

 まず、私の茨城の実家ですが、家族は怪我もなくみんな無事だったようです。

 しばさんの叔父様と同様、地震当日は電話が繋がらず、翌日になってからメールで無事を確認しました。

 家は屋根瓦が落ちたと言ってましたが、それ以外にもきっといろいろ損傷があったと思います。

 私だけ海外にいて、何の影響もなく、のほほんと暮らしているのが心苦しいです。

 叔父様が埼玉に避難され、その後、お家の方に帰られたのでしょうか?

 職場のみなさんも元気にしていますか?






110524-02perth

【大きな葡萄の房だね】






 さて私はこれからとりあえずパースで住む所と何かしらの仕事を探すつもりでいます。

 こちらの季節はすっかり秋ですよ~。

 風が冷たいです。

 北海道ほどではないですが。

 近いうちにパソコンを買う予定でいます。

 やっぱりないと不便ですね。

 でもとりあえず住む所が先かな?

 パソコンを手に入れたらいろいろ写真を送ります。

 とりあえず、またメールしますね。

 では~。

 K子






110524-03perth

【僕個人はオーストラリアの葡萄が好きで、よく食べていた】






 パースはすっかり秋の装いのようだ。

 まぁ、それにしてもアルバニーでの生活はどうだったのだろう。

 ピッキング作業となればいわゆる農作業のようなものだったのではないんだろうか。

 一日何時間働いていたのだろう。

 何を収穫していたのだろう。

 どんな生活をしていたのだろう。

 仕事ばっかりしていたのだろうか?

 遊べたのだろうか?

 観光に出かけたり(南極海に面した町だからホエールウォッチングとか?)、お酒を飲んだり、エンジョイしていたのだろうか。

 まるで親心のように心配になる。

 これからは日増しに寒くなっていく季節。

 僕自身が体験した5月はそれほど寒いとは思わなかったし、6月も気持ちのいい日が続いた記憶がある。

 秋とはいえ、コートを着るような寒い日はなく、むしろ日中は半袖でも充分だったが、さすがに夜は寒い記憶が残っている。

 それでも生活しづらい気候ではなかった。

 K子パースに戻って来てからどこに住んでいるのだろう。

 前にホームステイしていた所だろうか。

 住まいを探すにしてもシェアした方がいろいろと楽かもしれない。

 まぁ、彼女のことだ。

 住む家がなくても雑草のようにたくましく野宿しているかも(笑)。



 オーストラリアの葡萄って楕円形なんだよ。

 皮も一緒に食べられるものもあって甘くておいしい。

 そういえば、葡萄に限らずスイカやメロンも楕円形だったなぁ。

 日本の葡萄もスイカもメロンも丸いのに、世界にはまだまだ変な形のフルーツがあるんじゃないかな?








shibacchi0821 at 23:54│Comments(0)TrackBack(0) パース便り2011 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
K子のパース便り №13クールビズしますか