手抜き小樽運河を背景に

2011年07月24日

小樽駅前通り








小樽駅前通り

(2011年6月18日~20日 いとこ会&故郷を歩く旅)



 いとこののっちゃん小樽駅まで送ってもらい、そこで北海道に住むいとこたちとは別れる。

「また来年、来いよ。」

「うんうん。」

「元気でな。」

「うんうん。」

 6月の北海道にしては日差しが暑い。

 小さく手を振りながら、来年の再会を約束する。



 僕といとこのM志はひとまず宿泊するホテルに向かうことにした。

 もちろん宿泊するのは僕ひとり。

 M志は今日中に実家に戻るのだが、少々時間があるので僕と小樽見物だ(笑)。

 チェックインの時間には早かったが、カウンターに行くとそのままチェックインしてもいいということだった。

 とはいえ、部屋には入らず、荷物だけを預かってもらい、町に出ることにした。






110724-01otaru

【小樽駅前通り】






 去年はM志の兄貴のY志と一緒の行動だったが、今年は仕事の都合でY志は参加していない。

 M志も翌日から仕事のために、今日中に帰宅しなければならない。

 そのわずかな時間を小樽の町で時間を潰すことにして、なかなか足を運べない小樽運河まで観光することにした。






110724-02otaru

【ちょっとズームで】






 小樽駅のすぐそばにあるホテルから海へ向かって緩やかな坂道を下って行った所に、最近よく帰省するとお世話になるコンビニがある。

 M志がどうしてもコンビニで買い物をしたいというので、立ち寄っている間に僕はカメラを持ってウロウロ。

 そのコンビニとは・・・、






110724-03otaru

【コンビニ】






 過去の帰省でも何度もお世話になっているコンビニだ。

 駅そばにもあるが、つい小樽運河側に足を運ぶことが多く、必然的にここのコンビニを利用することが多くなっているのは事実だ。

 使い勝手がいいんだよね。

 もちろん観光客にとっても多くの人が行き来するので、ここって凄い売り上げがあるんじゃないかな。

 すぐ商売のことを考えてしまうわけで(笑)。






110724-04otaru

【北海道の6月の青い空】






 この日も空には雲がかかっているが、明るい青空で観光日和。

 6月にしてはちょっと暑めだが、爽やかな海風が心地よい。

 帰省の際、悪天候にならないのが不思議なぐらい、僕はラッキーな人間だと思う。

 このまま、ゆっくりと小樽運河に足を運ぶことにした。







shibacchi0821 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年06月)」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
手抜き小樽運河を背景に