マロンコロンいいふりこき

2011年07月28日

都通りのパフォーマンス








都通りのパフォーマンス

(2011年6月18日~20日 いとこ会&故郷を歩く旅)



 小樽駅でいとこのM志と別れ、僕はこれから一人で時間を潰すことになる。

 そういえばこの日は日曜日

 ちょっと失敗したなぁ。

 というのは、僕自身、仕事柄日曜日に休むことがほとんどないので、周りの友人と休日を利用して遊ぶことがほとんどないわけで、今回の帰省でも中学や高校の友人には全く連絡をしていない。

 せっかく気候のいい6月の帰省なのだから友人たちとの再会っていうのもよかったかなぁって思うのだが。

 時すでに遅し、ってわけだ。






110728-01otaru

【小樽駅前】






 小樽には多くの歴史上の人物が時代と共に生きてきている。

 石川啄木もその中の一人だ。






110728-02otaru

【国道5号線】






 写真右手には小樽駅があり、写真左側に縦縞の模様になっているビルが最近僕がよく利用しているビジネスホテルドーミーインである。

 前回の帰省は冬場だったので、景色も全く違ったのだが、時間潰しに同じようなルートで小樽を歩いてみようと思い立った。

 まずは都通り

 ここは小樽の商店街の中心の場所だったが、観光スポットが小樽運河に移動してから人々もこの都通りを歩くことが少なくなったように感じたものだ。

 ところが・・・、






110728-03otaru

【都通りに多くの子供たちが集まってる】






 都通りに入ると、凄い人でごったがえしている。

 いや、僕が若い頃でもこんなに人がいたとは思えないほどだ。

 目の前にも多くの人々がいるのだが、遠くにも人の塊が見える。

 どういうこと?



 ここは昔からおもちゃ屋さんで、その前のテーブルに多くの子供たちが集まっているので、ちょっと覗いてみることにした。

 子供たちはテーブルにカードを広げて遊んでいるようだが、どんな遊びなのかはわからない。

 勝ち負けで、カードを受け取ったり、渡したりしているのだろう。

 昔もどこかでこういう風景を見た気がするが、その時代とは違う種類のゲームなのだろうか。

 僕の目から見えるこの風景は不思議で仕方ない(笑)。






110728-04otaru

【ここでも人が何かを見ている】






 おもちゃ屋さんのそばでは・・・、

 おじいちゃん、おばあちゃんが何かを覗いているようなので、僕もその中に入ってみることにした。

 こちらの方が違和感がない(って、僕は何歳だ?)。






110728-05otaru

【これって、布団の打ち直し・・・ってやつかな?】






 特に興味があったわけではない。

 ただ、昔はこういうパフォーマンスはやっていなかったわけで、これも時代の流れなのだろう。






110728-06otaru

【こうやって、あぁやって・・・そして】






 都通りに昔からあった布団店かどうかは全く記憶にない。

 っていうか、昔からあったのだろう。

 こういったパフォーマンスがなければ、お店の存在だってわからなかったわけで・・・。






110728-07otaru

【こうすると出来上がります!】






 というわけで、布団の打ち直しも上手にできましたぁぁああああ(笑)。

 めでたし!めでたし!!






7月28日(木)の日記

 台風6号(だっけ?)が通り過ぎてから、関東の天気がパッとしない。

 おかげで猛暑日がほとんどないのは嬉しいのだが・・・、この湿気。

 外にいるだけでまとわりついてくる。

 僕の職場は通常スーツで出勤する必要がなく、出社後、ユニフォームに着替えるので、通勤で着ていた衣類はハンガーで干すことができる。

 もちろん退社時には乾いた服装で帰宅できるのだが・・・、

 普通に営業している人はしんどいだろうね~。

 下着や着替えなどを持っていないとやってられないよぉぉぉぉ。







shibacchi0821 at 23:55│Comments(0)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年06月)」編 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マロンコロンいいふりこき