最終電車LeTAO

2011年08月12日

六花亭








六花亭

(2011年6月18日~20日 いとこ会&故郷を歩く旅)



 夏場の仕事がピークを過ぎ、少しだけど時間が取れるようになってきた。

 ・・・ということで、北海道の帰省の続きも再び書いていかなければ、先に進めない。



 最近、小樽に帰省すると、足を運ぶようになったのが堺町というスポット。

 この辺りは、特に昔から観光スポットだったわけではない。

 堺町通りに建ち並ぶ、レトロな建物が小樽を象徴しているのか、昔の建物を改築して多くのショップが並んでいる。

 そのショップを一軒一軒紹介したいのだが、そこまで細かく見学をしていたわけではない。

 ホンの触りだが・・・、何軒かのお店をご紹介~。



 北海道土産の有名なものの一つとして、六花亭がある。

 もちろん、空港などでも買えるのだが・・・、

 堺町通りにもレトロな六花亭






110811-01otaru

【六花亭前で】






 うひゃぁぁああ、

 お土産を買いすぎましたぁ。

 おっとっとっと。

 崩れてしまうよ~。






110811-02otaru

【青空~】






 こんなにお土産を買って、持ち帰ることができるのだろうか・・・。

 ちょっとセレブな気持ちでしょ。

 ふふふ。






110811-03otaru

【人々が行き交う】






 さっきのお土産の箱は六花亭の入口の前にあるオブジェ~。

 この写真の中央部分に建っているのが、見えるかな?







shibacchi0821 at 23:58│Comments(3)TrackBack(0) 「旅行(北海道11年06月)」編 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Yoko   2011年08月13日 12:38
お暑うございます。毎日めげそうな猛暑です
この暑さに加えしばっちさんも既にニュース等でご存知とは思いますが、今こちらでは、大文字送り火における陸前高田市からの松をお預かりして供養させて頂くプランが二転三転し現時点ではやはりセシウム検出で中止にする事となってしまいました。地元の者としてもホントに悔しく残念な結果です。なんとみ言えない複雑な気持ちのお盆です。最初の時点で受け入れ拒否を聞いて、なんで???理解に苦しむ市と保存会の決定に悔しくて悲しい気持ちで一杯になりました。悔しいです!きっと全国からなんと酷い話なんだとバッシング炸裂の事だと思います。16日の大文字の火は何時もの静かな気持ちでは精霊をお送りする事が出来ません、それでも今年の大震災大津波でお亡くなりになられた方々の御霊を胸に抱いて大文字の火を眺めたいと思います。大きなお世話だ、もう参ってくれなくていいと言われるかも分かりませんが。。。
さて、六花亭のお菓子大好きです!娘もお写真のお店の前で写真撮ってきました!もちろんお土産も買ってきましたよ!こちらで物産展があれば何時もデパートで購入します。特に私はリキュールの入った小さな砂糖菓子がお気に入りで冷蔵庫で保存大事に一つぶずつ頂きます。おいし!パッケージもお気に入りです!
2. Posted by しばっち→Yokoさん   2011年08月16日 11:54
 どもども~。

 夏は暑くて当たり前と思いつつ、ついつい愚痴ってしまうほどの暑さ。

 年を追うごとに暑さが厳しくなってきている気がします。
 それでも、花火大会やお祭りなどがあると、夏の涼しさを想像してしまうのですが、想像だけのようで(笑)。
 最近は夜でも暑さが残ったままの日々を送っています。

 大文字のニュースは関東でも大きく取り沙汰されていました。
 中止することが必要なのか、否か…これは僕はあまりわかりませんが、今まで続けてきたものを中止する人々の心境は計り知れないものと思います。
 その大文字の送り火って、今日なんですよね?
 大文字の周りの送り火は行われるのでしょうか?
 それとも全ての送り火が中止になるのでしょうか?

 Yokoさんの娘さんもあのお店の前に立っていたんですね。
 六花亭に限らず、あの通り…堺町通り…を歩いて楽しんでくれたのではないでしょうか。
 旅行者気分になると堺町通りは目を楽しませてくれる空間だと思います。

 まだまだ暑い日が続きそうですが、お体に気をつけて乗り越えて行きましょう。

 ではでは~。
3. Posted by Yoko   2011年08月16日 13:19
こんにちは、今日も朝からガンガン暑いです!洗濯物をベランダで干すだけで目がクラクラ、頭ガンガンします。
大文字の件、私の説明不足でした。
今晩大文字の送り火は何時ものように執り行われます!京都では多分ちょっとやそこらではではお祭り行事は中止にはならないと思います。
東北からの護摩木は使用しないという事です。保存会にしたら1年かけて準備して来たのだから、直前になってのお申し出に戸惑ったのは確かです。でも今年の大震災は全ての日本人にとって特別ですよね。地元民としても一緒にご供養してほしかったです。ホント残念です!これも憎っき放射能のせい?
昨日市役所前で市民が集まりあらたに護摩木に東北への祈りの言葉を書き込み準備しているニュースを見ました。一方的に反対する人もあればこうしてそれぞれの思いを抱いて参加しようとする人達もあり、今晩点火される送り火を家族とともに見たいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最終電車LeTAO