「青春」編

2006年09月24日

ジェットストリーム

 今日は大事をとって一日休ませてもらうことにした

 昔の僕なら、多少の熱があろうが、身体が痛かろうが、仕事は決して休まない人間だった。

 いやいや、仕事人間だったわけではない。やっぱり多くの子供たちが楽しみにしているということを裏切りたくない一心だっただけのこと。

 それでもやっぱり会社というのは残酷で、どんなに会社のために仕事をしても、会社が裏切ることも見てきたから、それからは自分を犠牲にしてまで・・・という考えを持つことは止めたのである(こんな話はどうでもいいか)。

 未来を背負っている子供たちには迷惑をかけないように、夢をつぶさないように、それだけは裏切らないように・・・。

 これは今でも忘れてはいない。

c7cc3916.jpg

【青空に秋桜】

 今日、TVで何度も何度もジェットストリームのCD販売の予告CMを耳にした。

 (上のタイトルをクリックするとミスターロンリーに乗って城達也のナレーションが聴けます~懐かしいっ泣く汗

 僕が大学入学のために上京し、一人で初めてアパート住まいをした日の夜、FMラジオから流れてきたのが、今は亡き城達也のあの低音で響くナレーションと共に流れる・・・ジェットストリームのオープニング曲ミスターロンリーだった。

 それ以来、深夜12時になるとFM東京の電波に耳を傾けていた時代が続く。この歳になってもミスターロンリーを聴くたびに、青年と呼ばれた時代が鮮明に思い起こされるのである。

 そのCDが10枚組で発売されるのだ。

 ううう、買うべきか・・・我慢するべきか・・・悩みどころだ。

 もしよければ、エンディングテーマ曲幻想旅行もいい曲なので、聴いてやって下さいな。





[去年の今日のブログを見る]




at 21:44|PermalinkComments(0)

2006年09月12日

夢を見た

 今朝、久しぶりにを見た。

 高校の恩師の夢だ。

 僕が何歳でどこにいるのかわからないが、とにかく恩師が出てくる夢だった。

 夢から覚めてもずっと記憶に残っているので、かなりはっきりしていたようにも思うが、内容はピンとこないものだった。

 恩師I先生は高校1年生のときの担任で2~3年生のときは担任でもないのに僕はかなりお世話になった人である(家族共々)。

 その恩師は大学も先輩・後輩の仲(仲というには多少年齢は離れているが)であり、大学在学中もずっとお世話になっていたわけで・・・。

 それでもここ数年は滅多に逢うことがなくなり、以前なら修学旅行や出張で東京に来ることを知ると飛んで逢いにも出かけたが、今ではいつの間にやら音信不通気味。

 元気かなぁ

 こうやってたまに夢に見たりすると、ふと・・・何かあったのかなとつい悪い方に考えてしまう。

 最近は何よりも時間の流れが恐いと思うこともある。

 あの時代・・・高校の仲間とはあんなに仲が良かったのに・・・大勢の仲間と大きな口を開けて笑えたのに・・・いつの間にか笑うことも忘れ、時代に乗り遅れないようにしがみついて生きているだけのような気もする。

0464212f.jpg

【青空】


 若い頃は純粋に一所懸命、笑えることを捜し、楽しいことを捜して生きてきた。

 今の若者は本当に一所懸命自分の人生を楽しんでいるのだろうか。

 今、いっぱい笑顔を作って生きて行かなきゃ、大人になったら笑えなくなるぞって言いたくなるときもある。

 僕は、今日夢の中でI先生と笑って遊んだ。最近少し忘れかけていた笑顔・・・。仕事や対人関係の時に精一杯の作り笑顔でいる自分ではなく、心の底から笑える自分を捜したいと・・・

 夢の中の僕はI先生に向かって声を出して笑っていた。

 高校・大学・社会人になりたての頃・・・I先生に教えてもらったいろんなことを、この年齢になっても忘れてはいないが、今日も夢の中で教えてもらった気がする。





[去年の今日のブログを見る]




at 23:11|PermalinkComments(0)

2006年05月23日

一丁目商店街?(お台場編)

 どうして、こうも爽やかな天気は続かないのだろう。

 結局、夕方から雨となってしまった。

 実は今日、東京ドームに行く予定でいた。巨人日ハム戦である。だけど、知人のお母さんが亡くなってしまい、そのお通夜に行くことになったため、外野指定は水の泡・・・。

 こればっかりは仕方ない汗(僕が応援に行かなかったからか・・・巨人は負け)。

 僕らの年代になってくると(何歳だか?)、こういったことの方が多くなりつつある。

 いつかは自分もそうなるのだから、生前にやり残したことがないように多くのことを経験していかなきゃ・・・ね。

 淋しい話になってしまったかな。

 さて、お台場シリーズも今日で最終回

 買い物をするにしても、デートをするにしても、はたまた海水浴(もどき)や映画でもいい・・・お台場も一度は行ってみてもいいんじゃないかな。

63a5449e.jpg

【レトロな車】

 やっぱりこの時代はテントウ虫の愛称で親しまれたスバル360は乗用車の代表なんだろうね。いやぁ、ちっちゃい車だよ。

 小学生が運転できそうな大きさだ。

6ca24642.jpg

【看板】

 今じゃ、なかなかこんな看板も見ることがなくなったね。実はこれ、エレベーターの扉なんだ。

 このエレベーターには昭和駅という名前がついていて、ここから入ってきた人はまるでタイムマシンに乗って昭和時代に戻れるってわけだね。

 さてさて、こうやって台場一丁目商店街を眺めていくうちに、一件の駄菓子屋があった。

 なんだか懐かしいような気持ちになっていくウチに、僕は買い物カゴに駄菓子を幾つか入れ、結局自分のお土産(あははは)に買っていくことにした。

 実際には食べたことのないものもいっぱいあったけどね。

3030d3c8.jpg

【懐かしさに込み上げてくる駄菓子】

 こうやって並べてみると、どうもあんずのお菓子が多いのに気づく。

 あの頃はあんずが定番だったのだろうか。

 勿論これ以外にもいっぱいあるよ。だけど、今ではなかなか食べられなくなったものもここに来れば手に入る。

 下の青い箱・・・知ってる?

 これこれ↓

65ff202c.jpg

【ザ・かたぬき】

 このお菓子、きれいにカタを抜いて、店に持って行くと何かをもらえた気がするんだけど・・・記憶が定かではない。これは簡単な方で、もっと難しいものがあったような気がする。

 難易度の高いものが出来上がったら、もっといい商品(・・・かどうか、覚えてないんだけど)がもらえたような気もするんだけど、誰かそんな経験のある人いたら教えて~。

 で、最後に・・・。

 お台場をウロウロしていたら、こんなのを見つけた(ちなみに台場一丁目商店街ではない)。

32b8903b.jpg

【プリングルス】

 ポテトチップスにはずいぶんお世話になってるんだけど、とりわけプリングルスには目がない僕であり、最近ではブラックペッパー味だとかジャーマンチーズ&ポテトジャーマンソーセージと新しいものが出ていたんだけど、上のプリングルスは日本でまだ一般発売されていないものではないだろうか・・・。

 コンビニなどでは見かけたことがないので、思わず購入~。

 ハラペーニョソルト&ビネガー・・・。

 未だにまだ食べていないので、どんな味なのか・・・楽しみだ。



[去年の今日のブログを見る]




at 22:55|PermalinkComments(0)

2006年05月22日

一丁目商店街?(お台場編)

 今日も爽やかぁぁああ

 と思って早朝起きるとそれほどでもない。出勤で、マンションのドアを開けると、なんとなく雨が当たってるし~。

 もう爽やかな天候はおしまいなのか・・・。

 いやいや、願いは叶うものだ

 日中は爽やか・・・というよりも、ちょっと風が強く、事務所の窓を開けると書類が飛んでしまうぐらいだったのだ。

 帰りも爽やかぁ~

 家に帰らずに公園のブランコに乗っていたい気分だったが・・・もしももしもだよ・・・もし、深夜に僕が一人で公園のブランコに乗っていたとするでしょ・・・。

 どう思うはてな

 もし、誰かが見たら、きっと酔っぱらいのオッサンか、はたまた恋に破れた青年(には見えないか・・・)、いや、きっと浮浪者変質者・・・として警察に通報されるかも・・・。

 人を純粋に人として見られなくなってきている世知辛い世の中なんだよ。自分で言うのもナンだけど、やっぱりそういう目で見ると思うんだよね。

 だから純粋な大人が少なくなり、その大人に育てられた子供も純粋ではなくなるわけだ。

 それもこれも、悪質極まる事件の多い世の中にしていった人間が悪いんだけどね。

 もっと純粋な気持ちで人生を送りたいものだよね。

 純粋な気持ちを持って生きてきた昭和30年代・・・(か、どうかはわからないが・・・お台場シリーズへウマイ具合に振れたかな)。

701b6271.jpg

【昭和30年代を知りたい方に】

 昭和30年代を知りたい人にはお勧めの一冊。かなり楽しい。

 僕もほしいと思ったが、今はタダでさえ時間がないので、ちょっと時間ができてから・・・と諦めた。

 あまりにも興奮していたのか、思いっきりピンボケの写真でごめん汗

d2a5f0dc.jpg

【ウルトラマン世代の方には涙もの】

 何気なくディスプレイされているこのグッズ。

 今でも大人気のウルトラマンシリーズだね。小さい頃、欲しかったもの・・・。

 つい、じっくり見てしまったのはヒミツです。

1d491bcc.jpg

【なつかし商店街】

 この店はやばい。

 何がやばいかって・・・。

 ブロマイド屋さんで、多分昭和4~50年代ぐらいのアイドルのブロマイドが・・・しかも白黒だったりして・・・売っている。

 手前のケースだって、ディスプレイとして置かれているのが、お洒落っつうもんかな。

86d3c386.jpg

【ハイカラ横町】

 大体、今の世の中・・・ハイカラなんて言葉は死語もいいとこだよね。ナウイでさえ、使わなくなったんだから・・・。

 知ってる?

 ナウイ・・・(うひゃぁ)



[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)

2006年05月21日

一丁目商店街?(お台場編)

 爽やか~にっこり

 これが一番だね。初夏の陽気だったけど・・・今までの悪天候に比べたら雲泥の差ってやつだね。

 こんな天気が続いてもらいたいけど、仕事が通しで写真も撮りに行けない現実・・・とほほ泣く

 まだしばらくはお台場シリーズで行くとしようかな。

 お台場一丁目商店街・・・。

 これもアクアシティのビルの中に入っているが、ここだけは昭和30年代に戻ることができる場所である。

 どうして30年代なのかはわからないけど・・・3丁目の夕日の世界に迷い込んだ感じだね。

 そういえば、池袋にあるナムコナンジャタウンもそういう場所があったな(うわ~、あそこは遊園地感覚のスペースで楽しかった)。

 ここ(台場一丁目商店街)は、あくまでも買い物をする場所・・・。

 前回はまだオープンしたてだったか、休日だったので歩けないほど混雑していたが、この日は平日ということもあり、かなり人数が少なくのんびりと楽しめた。

f20af9f6.jpg

【台場一丁目商店街の入り口】

 これだけを見ると、ビルの中にあるようには見えない。どこまでも昭和30年代にこだわっているのである。

 ちょっとおもしろいのは、店内の商品全てが1,050円均一の店があって(F.O.B.神戸)、置物や人形・衣類・ぬいぐるみ・壺などなど楽しい雑貨がいっぱい置いてある店がある。これは案外必見・・・かな。

07ed419f.jpg

【ピーナッツ通り】

 台場一丁目商店街に入ると通路にいろんな名前がついている。

 これはピーナッツ通りという名前だが・・・。

 他にも『○○横町』『○△商店街』などなど。文字も現代風ではなく、やっぱり30年代はてなにこだわっている。懐かしさに込み上げる人もいるだろう。

 でも、この時代を知らない若者も大勢いるからおもしろいね。

a03376e6.jpg

【ひばり】

 昭和の時代の大スターといえば、美空ひばり・・・かな。この店は『ひばりグッズ』であふれている。

 ここではコーヒーも飲めたかな?

08bd245f.jpg

【古さをアピール】

 鳥居もあれば、昔ながらの駄菓子屋もある。

 いかに古さを引き出せるか・・・そんな楽しい場所なのだ。

 お台場に来たら一度は寄ってみたい空間である。



[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)

2006年04月03日

駒沢公園(PART2)

 ふぅ、ようやく春らしい天気チューリップになったなぁ。

 今日は休日だから、目覚まし時計はOFFにして寝たら9時過ぎまで寝ることができた。最近ではめずらしいこと。

 わ~ぃ、爽やか~

 部屋にいるにはちょっと寒いけれど、窓も開け、なんだか久しぶりの空気の入れ換え(いやいや、ベランダの窓には小さな小窓がついているからいつも開けてあるんだけど)をして、ようやく部屋の中も地球らしくなった。

 って、どんな意味だべ~。

 休日で晴れてくれたのはかなり久しぶりだな。

 で、で、でも・・・午後からさらに風は強くなり、爽やかって感じではなくなってきた。

 今週は飛び飛びだけど休日が何日かあるのでいい天気でありますように~。

 ということで、今日も世田谷探訪駒沢公園の写真をアップゥゥゥ。

b2e08695.jpg

【さくらいろ】

 駒沢公園の体育館の奥には軟式野球場があり、その周りは桜の木で囲まれている。

 周囲5~600mぐらいだけど、ここを一周歩くだけでも充分満足できる。

a554acad.jpg

【グラウンドを侵略】

 グラウンドでは野球をしている人がいたが、まるでその観客はって感じだね。

 フェンス越しに首をのぞかせているように見える。

7fc467a3.jpg

【桜でいっぱい】

 グラウンドの4面中、3面が桜並木になっている。正面だけが桜ではない。

 こんな環境の中で野球ができるなんて羨ましいね~。きっと僕なら野球そっちのけで、ボケ~ッと桜の下で空を見上げながら寝ているだろうな。

33236c06.jpg

【花見をしながらテニス】

 軟式野球場のとなりはテニスコート。桜の木の下でテニスだなんて羨ましい(野球でもテニスでも・・・羨ましい)。

 世田谷の奥様優雅なのだ。

3f6443f2.jpg

【桜の下の野球少年】

 そして、世田谷のおぼっちゃま優雅なのだ・・・(ぷぷぷっ)。

 こんな環境の中でスポーツが楽しめるわけだ。時間が多くなかったので、のんびりと探索ができたわけではないが、久しぶりの駒沢公園を堪能できただけで僕的にはけっこう満足気味である。

 桜の季節に限らず、たまには青春時代を思い出しに来てみようかな。

 あ~、久しぶりに中途半端になっていたパース旅行記が少しだけアップできたのでよかったらぜひぜひ見て下さいなぁ。





[去年の今日のブログを見る]




at 20:13|PermalinkComments(2)

2006年04月02日

駒沢公園(PART1)

 日中まで何とか保った天気も夕方からとうとう雨が降り始め、とうとう雷混じりの雨になったが、営業終了前に雨も止み、ホッと一安心。

 桜の花もだいぶ落ちたが、想像したものよりははるかに少なかった・・・かな。

 さて、世田谷探訪として写してきた写真も今日は駒沢公園・・・。

 多くの若者たちがスポーツを楽しんだり、サイクリングコースを回ったり・・・駒沢公園はスポーツ公園でもある。

 この間母校のそばに桜の写真を写しに行ったときに、どうせここまで来たのだから“行ってみるか。”と思い、その先にある駒沢公園まで足を伸ばしてみた。

 授業の合間を塗って、公園の芝生で昼寝をしたり、トレーニングと題してランニングコースを走ったり、僕の大学時代になくてはならない公園のひとつでもあった。

3a97030a.jpg

【記念塔】

 このは多分東京オリンピック第二会場として記念に建てられたもの・・・だと思うんだけど、定かではない。

 以前(むかぁぁぁし、学生だった頃)、そばまで行ったこともあるんだけど、記憶がだんだんと遠のいているなぁ。

 これで青空なら雰囲気も違うだろう・・・。

bc444699.jpg

【陸上競技場】

 ここで学生時代に走ったことがあるが、何の大会(催し物)だったか、覚えていない。世田谷区民の大会だったような気がする。

fcfc1da9.jpg

【駒沢通りと公園入口】

 駒沢公園の正式名称は駒沢オリンピック公園総合運動場という。

 当時、ここでは大勢の学生がテニスの壁打ちをしていたが、この日は人も少なくバスケットなどをやっている人が数人いた程度である。

9ea99d49.jpg

【体育館】

 ずいぶん古ぼけてしまったけど、立派な体育館である。ここでも多くの大会があったけど、一番よく見に行ったのは学生バレーの大会かな。

 さらにこの奥に桜があったので、そこまで足を伸ばしてみた。

つづく




[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)

2006年03月31日

さくら(其の六)

 昨日といい、今日といい・・・まるで冬の寒さと変わらない。

 なのに、見える景色はだから、この雰囲気が不思議でもある。

 今日からセリーグが開幕したね。僕は生まれたときから大の巨人ファンなのだ(ってあり得ないことだが・・・)。

 一所懸命、他のチームを応援しようと試みたことがあるが、どうも無理がある。長い人生、巨人ファンを辞めようかなって思ったのは、が巨人の監督を去ったときだった。

 むか~しの話だけど、も大の巨人ファンだったのだが、江川が入団したときの出来事が気に入らず、いっとき巨人ファンを辞めていたことがある(こういうのは血筋かな)。

 で、今日の結果ぁぁああ~野球

 カキ~ン、由伸は打つわ~(1号2ラン)、も打つわ~(1号ソロ)、上原も完璧だね。見事2桁安打12対2勝利~。

 できることならライブで見たいのだが、4月も相当忙しそうな気配が漂っている。

66b74ed0.jpg

【母校の横は桜並木のあるN川】

 ここは駒沢通りを挟んだ場所である。ちょうど桜並木の手前の花壇の先が昨日紹介したカモが泳ぐN川になっている。

 僕の学生時代はこの校舎(実は室内プール)はなく、ここは屋外プールだった。

 たまに早朝に泳いだっけ・・・ぷぷぅぅ。

dd5d59e8.jpg

【遊歩道の下には川が流れている】
 
 ここがN川を埋め立て(上部分だけ)した遊歩道である。駒沢通りを渡った側なのだが、奥に見える高くて白い建物である。

 ちょっとそばまで行ってみることにした。

63197bcc.jpg

【寮の正面も桜が満開】

 懐かしかったなぁ。

 上京したての18、9歳の頃の僕があの玄関に立っていたような気がした。

 寮の玄関までの階段でよく歌を歌わされたっけ・・・。

 あの時代に戻ることはもう・・・ない。

 音符桜並木のN川で~
 音符ボクはキミと歩いてた
 音符門限近くなったとき
 音符急に淋しくなったボク・・・


 っていうのが寮歌であった。この歌は延々と続くのだが、たしか先輩が作って、そのまま寮生に歌い継がれた歌だという。

 今でも寮生はこの歌を歌っているのだろうか。

ae842d5f.jpg

【桜並木は延々と続く】

 寮の前の道を渡り、N川の埋め立てた通りはさらに延々と続く。

 この桜並木はどこまで続くのだろう。

7a22db5c.jpg

【散歩する人、遊ぶ人】

 この遊歩道は所々に遊具があって、そんな場所には子供たちが集まる。

 遊歩道が続く限り、近所の人々はウォーキングもかかせないようだ。こんな桜並木なら毎日ウォーキングがしたくなるかもしれないね。

be1d2faf.jpg

【我が母校】

 桜の写真を撮りたさに、母校の周りを探索し、最後に正門前で写したが、1号館(だったかな)もちっとも変わっていない。

 これからまた新一年生が入学をし、この校舎で多くのことを学ぶのだろうが、健康には気をつけて頑張ってほしいと願いつつ、僕はこの場を離れた。



[去年の今日のブログを見る]




at 21:46|PermalinkComments(0)

2006年03月30日

さくら(其の五)

 わ~い、500回記念のお祝いの言葉(タグふれのコメント欄で)、ありがと~

 なんかね~、こんなにタグふれの皆さんから多くのお祝いの言葉をいただけるなんて思っていなかったから、正直言ってビックリしてます。

 これからも頑張りますのでよろしくお願いしまぁぁぁぁす

 今日も相変わらず北風の強い、寒い一日だった(ブルッ)。

 その上、西の空は真冬のときのような雪雲で、この時期でも関東で雪が降るのかなぁって思ったほどだ。

 しかも、帰宅途中の風ときたら・・・もう春って感じではないぞ。

 もしかしたら北国では大雪なのでは・・・などと想像しながら足早に帰ってきた。



 さ~て、今日もまた調子に乗って桜並木をアップしてみるとしよう。

 想い出の桜並木を通って、僕は母校の正門から裏側へと回ってみた。

 正門側は駒沢通りで桜の木はほとんどなく、裏側には小さな川(N川)が流れている。

 大学の敷地に平行して流れる川は僕らの学生時代に、埋め立てをするかどうかでかなりもめたらしい

 なぜならその当時は本当にきれいな川ではなく、どぶ川のような感じだったからである。

 埋め立てというよりも、川の上をコンクリートの板で覆ってしまうと言った方が正しい。

 で、結局、駒沢通りを挟んだ反対側(当時住んでいた寮がある方)までをコンクリート板で埋め立てたのだが、大学側はそのまま川を残したようである。

197f3f08.jpg

【N川の桜並木】

 この川にも多くの想い出が残っている。やっぱり大学1年生の・・・まだまだ初々しい頃の想い出だが・・・。

 仲間と歩いた道に沿って歩いてみることにした。

e3bbdadf.jpg

【N川の桜並木(180度振り返って)】

 それにしてもずいぶんきれいになったぞ。

 こんなかわいい橋もなかったし、何といっても流れる水が臭くない(≧∇≦)ハハハ!

 この桜並木を見たさに、多くの人々が歩いていた。

 その上、どこかの養護施設のワンボックスカーなども速度を落として(徒歩と同じ速度)、桜を堪能している。

d5c9fd80.jpg

【N川から見る母校】

 N川のほとりには一方通行の細い道があり、その横に高い塀がある。

 その塀の向こう側がキャンパスになっていて、ちょうど大学の上部分だけが見える。

 当時はもう少しオープンだったようにも思うが、記憶が定かではない。

76b407eb.jpg

【空まで・・・】

 この日はなかなか青い空になってくれず、天気がいいにもかかわらず、ちょっと霞んだ感じの空で、なんとなく空まで桜色である。

 外灯までこんなにかわいいものになっていた。

09f01c45.jpg

【私たち、後ろから写されてるみたいよ】

 そして、このN川にはこうやってカモが住んでいて、これにもびっくり。

 大勢の人たちがこのカモさんたちを被写体にカメラを向けていた。

 昔に比べたら水がずいぶんときれいになったんだろうなぁ。

85bc7604.jpg

【お気に入りの一枚】

 このN川に何羽のカモが住んでいるのかはわからないが、この日は4羽のカモを目にした。

 そして・・・桜の季節でなければなかなか足を運ぼうとは思わなかっただろう。

 たしかにもっと見応えのある桜並木もあるだろうが、僕にとってはここは青春の街でもあり、桜の美しい街でもあり、やはりまたその季節がやってきたらチャンスがある限り、足を運びたいと思った。

 まだまだ、世田谷の桜探訪は続く。



[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(2)

2006年03月23日

卒業シーズン

 3月のこの時期は小学生の卒業シーズンでもある。

 中学・高校はもうすでに卒業式も終わり、卒業生は仲間との別れを惜しみ、新たなる目標に向かって歩き出していることだろう。

 S大に通っていたアルバイトのちゃんも今日が卒業式で、卒業証書を見せに来てくれた。いよいよこの職場を離れ、社会に飛び出していくのである。

 そのほかN大ちゃん、C大君も先に卒業している。

 そして職場のそばの小学校は明日が卒業式・・・。

 今年、小学校を卒業する男子児童が2人でやってきて、
「明日、僕たちの卒業式です。」
「そっかぁ、おめでとう。卒業証書を受け取り方の練習したか?」
「うん。」

 僕が校長先生の代わりをして、卒業証書の渡し方をしてあげると、急に真面目な顔をして、受け取る真似をした。

 いや、冗談汗・・・のつもりが・・・。

 一生に一度の卒業式(小学生として)だもの、しっかり受け取っておいで。

5ec85fb3.jpg

【桜の芽】

 この歳になると、小学生時代の卒業式のシーンを思い出そうとしてもほとんど思い出せない。

 唯一思い出せるのは、普段泣いたことのない君が急に泣きだしたことだ悲しい

 彼は式の間中ずっと泣き続け、ついに僕ももらい泣きをしてしまったことである泣く

 僕の卒業した小学校は田舎だから、そのまま全員が同じ中学に進学するので仲間と別れることはない。

 卒業式で大泣きした君のことはその後もことあるごとに語り継がれている(という程、彼が人前で涙を見せたのは初めてだったのだ)。

 関東の卒業式は梅や桜の季節だが、北海道の卒業式は校庭にまだまだ雪の残る、それでいて春の息吹を感じ始める季節である。

 それぞれの思いを胸に秘めて、巣立っていく子供たち・・・。

 しっかりとした足取りで大人への階段を登り始めてほしいものだ(って、どっかで聞いたような・・・・・・か・・・、苦笑)。



[去年の今日のブログを見る]




at 23:59|PermalinkComments(0)