「旅行(長野)」編

2009年06月16日

八幡屋礒五郎

00d07560.jpg

八幡屋礒五郎

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 ここ数日の写真はピンボケが多い(ピントの合わせ方を間違っている)のは、あらかじめ許してほしい。

 これが僕の本当の実力ってこと、ね(汗)。

 で、善光寺での楽しかった時間もあっという間。

 写真を見ても分かるとおり、平日の善光寺も御開帳の時期だから観光客も半端な量ではない。

 本当は日曜日だと多くのイベントもやっていたのは知っているのだが、その分観光客も平日並みっていうわけではないので、平日で充分大満足の僕である。

 そして、善光寺といえば僕の中ではやっぱり、これ。







88211189.jpg

【八幡屋礒五郎(ピンボケごめん)】







 八幡屋礒五郎って?

 知る人ぞ知る、唐辛子専門のお店

 実はこの品物は高速道のSAなどにも売られているのだが、せっかくの善光寺だから、やはりメインの店に行くのがいい。

 八幡屋礒五郎の七味唐辛子は、辛味を出すための唐辛子、辛味と香り両方を併せ持つ山椒・生姜、風味と香りの良い麻種・胡麻・陳皮・紫蘇の七つをブレンドしたもの。

 特に七味唐辛子のブレンド方法には定義はないらしく、7種類の素材が入っていればどれでも七味唐辛子と呼んでかまわないらしい。

 それほど多くの量を使うわけではないので、大きなものや量の多いものは僕にとっては必要はない。

 特にこういったものは、一度封を開けてしまうとどんどんと風味が失われてしまうからね。







53c91800.jpg

【大きな唐辛子がトレードマーク】







 このお店、中は大勢の人でごった返していたが、僕もその中に混じって数品の品物を購入することができた。

 品物は最後に載せるとして・・・。







3e126d37.jpg

【夕方の善光寺参道】







 もと来た参道を歩いてきたら、さすがに夕方だけあって観光客もずいぶんと減っていた。

 回向柱にも長い行列が途絶え、待ち時間がほとんどない状態で触れることができるようだ。

 7年に一度の御開帳。

 とはいえ、実際には6年に一度

 ん?

 それなのに7年に一度って?

 実は数え年で数えるそうで、御開帳の年をすでに1年と数えるから・・・らしい。

 つまり、(うし)年と(ひつじ)年に御開帳をやるってことなんだよね。

 今度は未年だから、もしそのときにまた行くチャンスがあったら、平日の夕方を狙うっていうのもいいかもしれないな。







bb172650.jpg

【善光寺の裏にも観光名所はある】







 善光寺は江戸時代、徳川将軍家でも厚く信仰されていたことが記されている。

 ご開帳が江戸でも行われていたって・・・?

 あの本尊が・・・江戸に持って来られたってことかな?







058f7555.jpg

【八幡屋礒五郎で買ったのはこれ】







 定番の七味唐辛子は入れ物もノーマルなものと御開帳記念に併せたイヤーモデル缶があり、もちろんこの年にしか手に入らない(?)イヤーモデル缶を買うことに。

 ノーマルなものよりも40円お高くて400円也(笑)。

 そして、七味入り調味料として胡麻ラー油、これは630円也。

 この日の朝(6月1日にブログで紹介)、SA島ラー油を買いたかったんだけど、それを我慢した理由がわかったでしょ?







dd80894b.jpg

【炒め油にポン酢も】







 せっかくだから炒め油ポン酢(各740円)も買うことに~。

 辛いものは大好きなので、しばらくは長野の七味でヒ~ヒ~炎しながら食事をすることになるかな?

 商品で笑えたのは、プチ缶ストラップなるものもあり、それもいいが、さすがに携帯電話にそのストラップをつけるっていうのは抵抗もあり・・・、購入はしていない。

 上信越道で長野も近くなったとはいえ、なかなか足を伸ばすチャンスがない。



 それでも帰り道だって、それなりに楽しみはある。

 これはまた次回のお楽しみってことで。


 



雲 ・・・ 雷


2009年6月16日の日記

 ゲリラ豪雨。

 関東全域を襲ったゲリラ豪雨。

 僕はその間も仕事をしていたので、どれだけ大雨だったのかはわからないが、それでも、その様子は感じ取れたほど。

 昔の梅雨とは違うなぁ。

 今年もこんな天気が多いのかな?






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:53|PermalinkComments(0)

2009年06月15日

仁王門周辺で

c990bb5f.jpg

仁王門周辺で

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 せっかくお笑い芸人に会えたのに・・・。

 一生懸命カメラを向けたのに・・・。

 ピントが合っていないことに気づかず、結果・・・あんな写真しか残っていなかったのは・・・後の祭り

 その上、その状態で写真を撮っていたので、その後の写真も×(涙)のものがほとんど。

 まぁ、そんな写真でもアップしていかなきゃ、なぁ~(とほほほ)。



 山門からさらに下に降りると仁王門(上の写真)があるのだが、この辺りも楽しいお土産屋さんがいっぱい。

 修学旅行生もいっぱい(笑)。







44b17f11.jpg

【仁王門】







 修学旅行に善光寺に来ても、善光寺(観光地)の記憶より仲間との時間の記憶の方が残るもんだよね~。

 まぁ、それでも楽しいのが一番。

 で、その周りをウロウロしてちょっとお洒落な店があったので中に入ることにしたのだが、長野県に来たらやっぱりおやきかなぁ。







9147fcdc.jpg

【このお店で、おやきを買いました】







 それから、結構最近気になる切手

 郵政民営化になってからか、それとも昔からあったか、あまりわからないけれど、観光地に切手が売っていることが多い。

 草津にもあったし、日光にもあったっけ。

 もちろん善光寺にもあったので、覗いて思わず購入。







1017e34f.jpg

【御開帳記念のパッケージに入っている】







 前にも書いたのだが、切手をコレクションしているわけではないのだが、最近気になるもののひとつ。

 長野県の名物といえばおやき(笑)・・・ではなくりんご(爆)。







8bf6f4c6.jpg

【善光寺とりんごの花】







 このパッケージには80円切手が10枚と50円切手が4枚。

 で、1000円ってわけだね。






07f97487.jpg

【50円切手】







 小さなアート

 切手の中には世界が広がって見える。

 目を凝らして見ることもあるのだが、この小さな平面に大きな世界が広がるのが魅力のひとつである。

 日本の切手って、やっぱりすごいと思わない?







07137c6d.jpg

【長野に来たら】







 そ、そ、長野善光寺に来たら、このお店に寄らなきゃ、ね。

 この唐辛子のデコレーションは高速道のSAでも、いろんなお土産屋さんでも見かけるのだが、どうせなら本場で買いたいものである。

 明日はこの唐辛子のお土産屋さんでもカキコしようっと。






雲 ・・・ 雷


2009年6月15日の日記

 夜になってから急に雨が、さらに帰宅途中は雨が強くなり、その上、雷のおまけつき。

 ベランダに干してきた洗濯物が・・・(涙)。

 また水洗いしなきゃいけないと思うと時間の無駄遣いばかり。

 これからはこんな日が続くのかと思うと本当に梅雨というのは憂鬱である。

 この季節を越えると青い空が広がるのだろうが、青空と再び会える日を楽しみに生活するしかないな。

 早く戻って来~い、青空よ。








[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:58|PermalinkComments(2)

2009年06月14日

テツ&トモ(すいません)

7728d3ac.jpg

テツ&トモ(すいません)

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 上の写真は・・・。

 仲見世にあるベンチの写真(笑)。

 善光寺御開帳も人ごみを掻き分けて何とか楽しむことができた。

 それは嬉しいことだけど、やっぱり疲れたぁ~。

 ベンチに座ろうとしたら、ちょっとお洒落なベンチがあり、思わず写真を。

 これが、実は間違いの始まり(とほほほ)。

 いつもなら当たり前のようにオートで写真を撮っていたのに、このときは何故か、アニュアルで・・・。

 被写体の距離にあわせて写真を撮るなんて、そう多くはない。

 で、ちょっと人だかりがあったので、そばに行ってみると・・・。

 あっ。

 テツ&トモが~(笑)。







6120a80c.jpg

【テツ&トモ(はいいのだが)】







 でも、この写真・・・。

 ピントが合ってないショック







8e57e2d7.jpg

【これも】







 これも違うショック汗







377397b7.jpg

【これも・・・】









 あれぇ~ショック汗汗

 これも、これも、あれも・・・。

 しかもサービス精神旺盛にこっちを見てくれたのに~。







11fea390.jpg

【ねっ】







 ほんと、こんな写真ですんませんですすいません汗汗汗

 このときのテツ&トモは地デジのキャンペーンか何かのイベントで善光寺に来ていたみたいで、お客さんもみんな携帯やデジカメで写真をパチパチ。

 僕も右に習えって感じでせっかく写真を撮ったのに~(涙)。

 で、ついでに携帯でも写してみたのだが。







ac0ed6ac.jpg

【携帯で(その一)】









 そういえば、前月に草津に行ったときには長井秀和だいたひかるがいたりして、最近の僕の小旅行にはお笑い系タレントがつきまとっている。

 よくわからないけど、長井秀和たちは深夜番組のお笑いザンゲの旅(というコーナー)の収録中だったようだ。







0d51b61a.jpg

【まぁ、こんなもんでしょう】







 テツ&トモだと、ピンボケでもこの赤と青のジャージだけで分かってしまうから、まぁ、良しとしよっか(笑)。

 それにしても僕のカメラテクニック・・・大したもんじゃないってことがバレバレだなぁ。

 で、このピンボケ写真の状態はここだけではなく、仲見世を歩きながら写した写真のほとんどが、こんな写真で、それに気づいたのはかなり後のこと。

 家に戻ってきてからPCに落とし込んで見たときに、僕の気持ちも一緒に落とし込まれた・・・(ふむ)落ち込んだのは言うまでもない。

 あ~、情けない(とほほほ)。



追伸 テツ&トモのステージ、かなりおもしろかったです。
 





太陽 ・・・ 雨


2009年6月14日の日記

 日中は天気もまぁまぁ良かったのだが、夜は突然の雨。

 僕は室内での仕事だったので、あまり気づかなかったのだが、一度外に出ようと思ったら土砂降りの雨。

 うひゃ~。

 これじゃ、帰りはまたびしょ濡れかぁ~って思っていたのだが、閉館後に外に出ると雨も止み、ホッと一息。

 これからはこういう日も多くなるのだろう。

 今週も休みは何とか金曜日に取れそう。

 それまではちょっと頑張って乗り越えなきゃ。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:57|PermalinkComments(0)

2009年06月11日

牛と鳩と六地蔵

47987107.jpg

牛と鳩と六地蔵

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 御開帳の時期だからできることは、一応こなしたつもり。

 平日でも人の多さに驚き、どうしていいかわからずにいたが、何とか回向柱にも触れたし、前立本尊にも会えたので、きっといいことが起きると思ってはいるのだが・・・。

 もし、もしも・・・だよ・・・。

 僕の小さな願いが叶ったら、それはきっと明治神宮のご利益か、それとも善光寺か、それとも・・・単なる偶然か・・・。

 まぁ、それは叶った後悩むことにしようっと(笑)。

 さてさて、せっかくの善光寺

 そう簡単には来られないので、ちょっと仲見世を見て歩くことにした。

 本堂から正面の通りを戻るように歩いて行くと、重要文化財にもなっている山門(写真トップ)がある。

 この山門の中央にある善光寺の文字。







3d7fb4c8.jpg

【善光寺の善は牛の顔】







 このという文字が牛の顔に見えるわけだ。

 見れば見るほど牛だなぁ。

 こういったところも牛に引かれて善光寺参りの信仰を物語っている。

 その上、この善光寺という3文字の中に5羽の鳩が描かれているというのだが、この写真で分かるかなぁ。







8728bf1e.jpg

【鳩が5羽いるかな?】







 2羽2羽はわかるんだけど~、1羽はてな

 になっているのかな?

 いや、僕にはどうしても光に3羽いるような気がしているのだが・・・。

 未だに写真を見ていてもどうも分からずにいる。

 もっと写真を拡大してみる?







36df0cec.jpg

【善(牛の顔と鳩が2羽?)】


37aef3cb.jpg

【光(鳩が2羽?3羽?)】


0ecee6a3.jpg

【寺(鳩が・・・いる?)】







 誰か分かる人いる?



 そして、山門のすぐ手前に並んでいるのが、六地蔵

 六地蔵とは、写真右から地獄餓鬼畜生修羅の6つの世界で我々衆生を救ってくださる菩薩様のこと。







58ca4492.jpg

【六地蔵】







 で、この六地蔵の中の1人・・・すっごい行儀が悪いんだよね~。

 ね、見える?







a987f508.jpg

【足が・・・】







 向かって右側のお地蔵さんは左足を蓮台から足を下ろして、足を組んでいないわけ。

 いやいや、決して行儀が悪いわけではなく、このお地蔵さんは地獄界のお地蔵さんで、衆生を一刻も早く救いに行こうと構えていると言われている。

 ちょっと写真では見づらいかなぁ。

 もっと見づらい写真が明日のBLOGで出てくるんだけど(笑)・・・。

 ほんと、許してくださいね~。









雲 ・・・ 太陽


2009年6月11日の日記

 入梅宣言したばかりだというのに、夜は月がぽっかりときれいに浮かんでいた。

 まぁ、ここ最近のお約束ってことかな。

 明日は休み。

 またのんびり温泉でゴロリとしてるかなぁ。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:54|PermalinkComments(0)

2009年06月10日

参拝之証

e5b4b9dd.jpg

参拝之証

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 回向柱(えこうばしら)に触れることもでき、観光気分も最高潮に達していたが、善光寺の御開帳はここからが試練の始まり~(苦笑)。

 回向柱を触れた後のルートは前立本尊(まえだちほんぞん)を参拝するのだが、この前立本尊をより近くで参拝するためには・・・。







1d47a2c6.jpg

【参拝之証】







 参拝之証と呼ばれるチケットを購入しなければならないのだぁ。

 金額は500円也

 むむむ・・・。

 まぁ、こんなもんだろうね~。

 どこ(の観光地)に行っても入場料を払うのが日本の慣わし・・・ってやつだもんね~。

 本堂正面の入口は3ヶ所に分かれていて、

 中央の階段は無料で参拝でき、左側が御印文(ごいんもん)を頂戴する場所、そして右側が有料(参拝之証を購入した)の人だけが参拝できる場所に分かれている。

 当然、有料の人は前立本尊により近いところで参拝できるわけだが、それでもまだ遠い気がしたなぁ(写真は遠くから写したものでピンボケ~涙)。







89f38ef9.jpg

【輝く前立本尊】







 実はこの前立本尊・・・とはご本尊の前にお立ちになる仏様。

 ということは、本当の仏様はどこにはてな

 実は善光寺のご本尊の姿は絶対のお秘仏で、その姿を表わすことはない。

 そのかわりに、その仏様の分身である仏様(前立本尊)を7年に一度、ご宝庫から本堂にお迎えして開帳するのが、善光寺前立本尊御開帳なのだ。

 ふむ。

 この前立本尊でさえ、7年に一度しか人目に触れないものなんだね~。

 ご本尊って、どんな仏様なのか・・・。

 さらに神秘的な思いが伝わってくるね。







05c554c5.jpg

【善光寺縁起、絵詞伝】







 前立本尊を参拝した後はいよいよお戒壇めぐり

 これもこの参拝之証を持っていないとできないので注意。

 とはいえ、一番混みあうのがこの場所。

 お戒壇めぐりをするのに本堂の周りは行列。

 それでも、本堂のまわりには善光寺縁起のパネルがあって、それを読んでいれば何とか時間は凌げる。

 そのパネルの最後が、牛に引かれて善光寺参りの絵詞が。







d6628fb9.jpg

【むかぁ~し、むかし・・・】







 そして、この先の階段(側面にある階段)を登るとそこからがお戒壇めぐりとなるのだが、ここが最も大渋滞。

 ちょうどご本尊真下の通路を歩くことをお戒壇めぐりというのだろうが、この通路には電気もなければ外の明かりも閉ざされているので、どうなっているのか全く目には見えないのだ。







54cee764.jpg

【この行列が本堂の周りをぐるっと取り巻いているわけだ】







 一歩前進するたびに前の人にぶつかってしまうほど。

 そのたびに、ごめんなさい汗と・・・(笑)。

 右の壁にある手すりだけを頼りに右手で触っていると、大きな錠のようなものがあり、それを触ると秘仏のご本尊と結縁するといわれている。

 一通り回ったのも今回が初めて。

 学生時代はただ善光寺に行ってきただけだったし、社会人になってからも仲間と立ち寄っただけっていう感じだったので、今回はちょっと勉強になったかな。

 ふむ、世は満足じゃぁ~。






雲 ・・・ 傘


2009年6月10日の日記

 いよいよ関東も入梅。

 これからは鬱陶しい日が続くことになる。

 それでも梅雨は梅雨らしく雨が降ってくれた方が、夏も夏らしくなる気がする。

 精神的にも肉体的にもしんどい時期だが、ここを何とか乗り越えなければいけないな。

 まだまだ善光寺ドライブも続きますよ~。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:53|PermalinkComments(2)

2009年06月09日

回向柱に願いを

28990ab7.jpg

回向柱に願いを

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 善光寺に到着したもののさすがに御開帳だけあって平日でも人の多さにびっくり。

 7年前の御開帳も約2ヶ月間で600万人もの人が訪れたとのこと。

 単純に1日平均20万人・・・だなんて、ちょっとすごいことである。

 長野市内は連日、大渋滞だったりもするのだろうね。

 善光寺の本堂の横から正面に回ってみると、目的のひとつである回向柱(えこうばしら)が立っている。

 この柱に触れることができるのも7年に一度。

 でも・・・。

 この行列・・・ずっと遠くまで続いているようだ。

 最後尾が見えない

 どうしよう。

 並ぶべきか、やめるべきか・・・。

 いや、この柱に触れるためにここまで来たのだから、触れずに帰ったらまた後悔してしまうだろう。

 目的を持たない観光だったら、眺めておしまいでもいいのだが、今回はちょっと違う。

 一生に一度ぐらいはこんなことでも貫いてみるのもいいかもしれない。

 決心するのにさほど時間は必要としなかった。

 さっそく、この列の最後尾に移動することにした。






85e8ed00.jpg

【最後尾は山門あたり】







 善光寺の本堂正面の参道は仁王門、山門とくぐるのだが、仁王門までの行列はなく、その手前の山門あたりが最後尾。

 それでもこの行列、なかなか前に進んでくれない。

 そういえば今年は何かとこの菊のご紋に巡り合うことが多い。

 初詣の明治神宮、箱根芦ノ湖の横にある箱根神社にもこのご紋が・・・。

 きっとまだまだ巡り合っていない場所がいっぱいあるのだろうなぁ。







ee7be829.jpg

【正面から見る回向柱】







 ようやく回向柱がしっかり見える位置まで来た。

 並ぶこと約20分。

 この本堂前に立つ大きな角塔婆

 この柱には、本堂内々陣に安置されている前立本尊中尊阿弥陀如来の右手に善の網がつながれ、結ばれている。

 この柱に触れることで、前立本尊とのご縁が結ばれることでご利益があるといわれているそうだ。







b0773927.jpg

【やっぱり人、人、人】







 善光寺をのんびり参拝するなんて、やっぱりこの時期にはありえないことなんだろうね~。

 まるで人間を見学しているような錯覚に陥ってしまう。

 それぐらい人々(の頭)を見学させてもらった気がする。







d6f9097a.jpg

【いよいよもうすぐだ】







 回向柱がもう手に届くところに。

 GWや日曜日にはこの回向柱に触るために、2時間待ち、3時間待ちが当たり前のようだったが、平日だと1時間はかからずに触れるようだ。

 そしていよいよ僕も・・・。







0155f585.jpg

【これが回向柱だぁ】









 う~ん。

 まぁ、こんなものかな。

 前立本尊にも僕の思いが伝わっただろうか。

 この思いを叶えてくれるかどうかは前立本尊のみぞ知る。

 




雲 ・・・ 雲


2009年6月9日の日記

 週末、カラッとした青空だったが、ここ数日はちょっと湿度の高い日々。

 もうすぐ関東も入梅の時期。

 せめてその前に青空の日々が続いてくれたらいいのに。

 今日は友人の父親の告別式、そして僕のとっては仕事のパートナーの父親でもあるので最後まで見送ることにした。

 斎場での最後のお別れ。

 天国でごゆっくりおやすみください。

 自分が生きていく人生の中で出逢った人々がこの世を去るたびに、今まで軽く考えていた生き方を反省してしまう。

 いつかは自分も同じようにこの世を去る日が来るのだが、その日を選ぶことはできない。

 それが今日かもしれないし、10年後かもしれない。

 ただ、そのときに楽しい人生だったと思えるように生きていきたい。

 人生の大先輩の死をもって、僕ももう一度人生を考えてみる必要があるかな。
 






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:57|PermalinkComments(0)

2009年06月04日

善光寺到着

d214988e.jpg

善光寺到着

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 サービスエリア(SA)巡り(笑)も終え、いよいよ長野IC

 そして久しぶりの長野市内へ。

 上信越道は順調に進んでいたのだが、ICを出た途端、渋滞に。

 ふむ。

 まぁ、長野市の中央を走る道路にいるのだから、そこそこの渋滞はあるのだろうが、周りの車のナンバーを見て唖然ショック

 長野ナンバーよりも他県のナンバーの方が多いのだ。

 この日は平日・・・のはず。

 うひゃぁ。







852c7573.jpg

【暇つぶしに車内から写真撮影】







 ちょうど前方にはツアーバスが走っていたので、そのバスについていけば駐車場に行けるだろうとゆっくりと前に進む。

 善光寺の周りには数ヶ所の駐車場があるが、さすがに御開帳ともなると簡単には入れない。

 手前の駐車場はすでに満車状態で先に進んでくれと誘導され、善光寺の裏側にある第三駐車場に。

 位置的には手前から、第二、第四、第一、第三の順になっている。

 結局、善光寺の正面から入るよりも真裏から入る形になってしまったのだが、それはしょうがないこと。

 早速、境内に足を踏み入れることに~。







5140e008.jpg

【善光寺の横から写してみた】







 どこからどうやって見ればいいのか・・・。

 以前善光寺に来たときには、特に御開帳の時期ではなかったので適当に見物したので考えてもいなかったのだが、とにかく正面に行ってみることにした。







27897760.jpg

【うひゃぁ~、柱はあったものの・・・】







 人・・・人・・・人・・・。

 今日は平日・・・だよなぁ~(ボソッ)。

 目の前に御開帳のときに建てられるはある。

 ・・・が、さすがにその行列を見て萎えてしまう。

 最後尾がここからでは見えないのだ(とほほほ)。

 平日だといっても、やっぱり御開帳時は楽させてくれそうにない。







d0644aca.jpg

【本堂】







 仲間との旅行だったらきっと並んでまで柱を触ろうともしないだろう。

 しかも若い世代なら特にそんな興味もなかったに違いない。

 しかし、この御開帳・・・。

 7年に一度しかないチャンスと聞いちゃ、そろそろ一度ぐらいは触っておきたいし、次回に来れるかどうかだってわからないわけだし・・・。

 というわけで、御開帳のルートを調べ、結局柱待ちからスタートすることにした。

 あ、この柱・・・。

 正式名は回向(えこう)って言うんだよ。
 

 





傘 ・・・ 雨


2009年6月5日の日記

 あっという間の週末。

 関東の天気はまるで梅雨時のような雨。

 湿気も多く、電車によっては蒸す車両もある。

 特に楽しいこともなく、普通に時間が過ぎるだけ。

 まだまだ忙しい日々が続くが、まずはこの週末を乗り越えることが先決かな。

 明日も頑張るとしよう~。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:58|PermalinkComments(2)

東部湯の丸SAと腸詰屋

496ea648.jpg

東部湯の丸SAと腸詰屋

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 横川SAを出発して、いよいよ長野県

 普段は山のない地域に住んでいるので、やはり山のある景色は僕にとって新鮮である。

 故郷の北海道小樽市は・・・山もあれば、海もある。

 小さい頃はそんな環境で生活をしてきたので、山を見るだけでホッダッシュとする。

 長野県は僕にとって多くの想い出のある県であり、北海道の次に好きな県である(やはり北海道は故郷だからね~)。

 空気北海道に一番似ている、っていうのが最大の理由かなぁ。









3f1b997d.jpg

【ここは東部湯の丸SA】







 前回長野県に足を踏み入れたのは軽井沢に行って以来だから、かれこれ2年前

 ついこの間(去年かなぁ、なんて思っていた)来たと思っていたんだけど、BLOGを読み返してみて自分でも時間の流れの早さに驚いている。

 そのときと同様、東部湯の丸SAで車から降りると・・・。

 やはり空気が違う。

 空気が軽い・・・っていうのかなぁ。

 ここ東部湯の丸でもちょっとだけ休憩のつもりだったが、やはり店内に入ってみることに。







c4fc2d2a.jpg

【腸詰屋】







 入ってびっくり~。

 腸詰屋さんのハムが売っている~。

 この腸詰屋さん、本店は群馬県なんだけど、軽井沢那須高原にしかないお店だと思っていたんだよなぁ。

 それが、この東部湯の丸SAで買えちゃうのぉ~?

 腸詰屋さんのハム・・・SAではここでしか買えない。







d006aed2.jpg

【魅力的~】







 どれもがおいしそうに並んでいる。

 手に取ってしまうと買ってしまいそうになるのを我慢して、見るだけ~(苦笑)。

 以前、腸詰屋さんのベーコンを口にしたことがあるが、これがまた柔らかくて肉汁が口の中に広がる。

 ただ、今ここで買ってしまっても車内に置いておくことを考えるとやっぱり買えない。

 帰りだったらいいんだけどなぁ~(上り線には売ってない)。

 そんな苦しい思いを飲み込んで、外に出ることにした。







87e36cd1.jpg

【なにやら不思議な石が】







 外の空気を思う存分吸ってから車に乗ろうと思ったら、何やら変な石が並んでいる。

 近寄ってみると・・・。







41d70442.jpg

【上信越道開通記念碑】







 って彫られている。

 こんな形に彫るだけで、ちょっと神秘的

 夜に眺めたら、まるで宇宙からメッセージが届くような、そんな気がしてくる。

 ・・・と、のんびりしていられない。

 もうすでに10時を過ぎている。

 家を出てからすでに5時間弱(笑)。

 SAに立ち寄っていると、時間がいくらあっても足りないなぁ。






雲 ・・・ 雲


2009年6月4日の日記

 ちょっとストレスの溜まる一日。

 温泉でのんびり過ごした昨日。

 とはいえ、仕事の電話が何度か鳴っていたこともあり、決してのんびりと過ごしたわけではないが・・・。

 今日は思わず、仕事帰りにちょっと飲んで帰ることにした。

 まぁ、BLOGに不満を書き込むとキリがないから、内容までは書くつもりはないが・・・、このストレスをどうやって発散するか。

 それがストレスだったりするのかも・・・(笑)。

 気持ちを切り替えて、週末を乗り切ることにしよう~っと。





[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:52|PermalinkComments(0)

2009年06月03日

横川SAはたかべん

aa84ff96.jpg

横川SAはたかべん

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 上信越道に入ってから約40km走ると山深い場所に横川SAがある。

 ここでもちょっとだけ休憩。

 やはり都心から離れるとSAにある車の数もずいぶんと少ない。

 まだまだ雲が空を覆っているが、それでも雨が降るような暗い雲ではないのが救われる。

 さてさて・・・。

 上信越道長野方面に走るとついつい立ち寄るSAが横川

 横川といえば、峠の釜飯なんだけど・・・。

 下りには高崎だるま弁当が売られていて、釜飯は残念ながら売られていない。







f972dad6.jpg

【花に囲まれた横川SA】







 高崎のだるま弁当は昔、仕事でJR高崎線を利用したときに何度か食べたことがあり、赤いだるまの形をしたプラスチック容器を持ち帰ったこともある。

 あの容器、どうしたんだろう?







bbe7fe71.jpg

【たかべん】







 もちろん今回はだるま弁当は買ってはいないが、駅弁を食べる旅でも企画したらチャレンジしてみたい一品である。

 ちなみに峠の釜飯上りの横川SAで売られている(楽しみ~)。

 で、外に出てみると何やら変なものが・・・。








51f5d75b.jpg

【飛行機の一部分?】







 なぁ~んだ。

 飛行機のエンジン部分がちょっとした広場に置かれている。

 どうしてこんなところに?

 ん?

 何やら説明書きが・・・。

 そばまで行って写真を撮ろうとするのだが、なかなかオヂサンがどいてくれないんだよなぁ~(ぼそっ)。

 まぁ、いっか。

 一緒に写しちゃえ。

 こうやってみると大きさも何となくわかる・・・か・・・。

 で、ようやくそばまで行ってみて・・・。

 ふむ。







2421f71c.jpg

【これは、あれだ!】







 飛行機のエンジン部分?

 ではないようだ。

 これはトンネルの中の空気清浄機のようなものだね。

 長いトンネルにこれがないと、排気ガスが溜まって視界が悪くなるんだよね~。

 そろそろ横川SAを出て、いよいよ長野県へ・・・。






雲 ・・・ 太陽


2009年6月3日の日記

 いつもなら水曜日に休むことなんてほとんどないのだが、今月も思うように休みが取れそうにないし、たまたま僕の代わりになる人もいてくれたので、休むことに。

 先週の月曜以来だから約10日ぶり。

 最近はあまり体調も良くなかったし、その上、毎晩のように足が攣りそうになって目が覚めてしまったり・・・。

 疲労回復ができていない。

 今日も久しぶりにゆっくりと温泉で体をほぐすことに~。

 でもね・・・。

 お風呂に浸かって脱衣場に行き、携帯をチェックすると着信が・・・。

 軽く飲んで携帯をチェックすると着信が・・・。

 仮眠所で一寝入りして携帯をチェックすると着信が・・・。

 のんびりリラックスするために温泉に来ているんだけど・・・、今日一日、まるで温泉で仕事をしているような錯覚に陥ってしまう。

 まぁ、立場的には仕方ないんだけど・・・。

 今日一日でストレスは発散できない状態だったかな(ぼそっ)。

 ちょっと不満の残る休日の過ごし方だったな。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:50|PermalinkComments(0)

2009年06月02日

久しぶりの上信越道へ

2c36e314.jpg

久しぶりの上信越道へ

(2009年5月12日牛に引かれて善光寺参り編)


 高坂SAは上の写真を見ても分かるとおり、反対車線のSAにも立ち寄れる。

 もちろん車での移動は不可能であるが・・・。

 SAも上りと下りでは入っている店も違うし、レストランも違う(ことが多い)。

 また最近のSAでは限定と称して、そこでしか買えないものもある。

 だからこうやってどちらにも行けたりするだけでも、ちょっとお得なのである。






62ec31a9.jpg

【階段を降りると上りのSAに(高坂SA)】







 もちろん階段を降りてまで、上りのSAには必要のない僕は、ここから写真を写しておしまい・・・なんだけど、ね。

 そういえば高坂SAにはドッグランもあるので、犬を連れてドライブしている人には嬉しい場所でもある。

 朝食を食べた僕はちょっとだけ休憩をして、車に乗り込む。

 空は相変わらずの曇り空雲

 最近はちょっと天候に恵まれないのだが、それでもひどい雨が降ることはほとんどない。

 もちろん、この日も天気予報はあまり良くはないものの、実際には雨も降っていなかったのでラッキーといえばラッキーな状況だったと思う。

 そして、次に立ち寄ったのは・・・。







821af2f1.jpg

【上里SA】







 高坂SAからわずか40km先の上里SA(笑)。

 特に用事があったわけではない。

 ちょっとだけ・・・寄ってみただけあかんべーなんだけどね。







a03563b1.jpg

【標高71m】







 こんな看板があるとちょっと豆知識になっていいかもね。

 と、カメラを向けただけの写真。

 軽く店内を見て回り、トイレに寄ってまた車に乗り込むことに・・・。

 上里SAを過ぎると3km程度で藤岡JCT







692eca3e.jpg

【左車線から】







 ここで、左車線に入ると長野県に通じる上信越道となる。

 久しぶりの長野県

 さてさて、気を引き締めて安全運転を心がけながら更に先に進むことに~。






太陽 ・・・ 太陽


2009年6月2日の日記

 6月になるとサラリーマンにとっては夏型ファッションのクールビズの季節。

 一気にスーツ姿も減り、ネクタイをはずしている人も目立つ。

 たしかに日中にジャケットを着ていると汗ばんでしまうほど。

 ちょっと開放感があるのが嬉しい。

 明日は休日。

 最近はなかなか休みが取れず、しんどい日が続いている。

 その上、今日は体調不調で1名休むとの連絡、さらに不幸があってまた1名休むとの連絡が入り、汗。

 暑くて汗をかくならまだしも、あぶら汗をかくほどヒヤッとした瞬間である。

 数人のスタッフに連絡をしたところ、2名が代行出勤してくれることになり、助けられたが、こういうことに時間を費やして自分の仕事が先延ばしになってしまうのが辛いんだよね~(とほほほ)。

 明日は休みだが、急遽≪出勤してくれ~≫なんて連絡が来ないことを祈りながら、深夜ビールをグイッと飲んでいる僕である。






[1年前の今日のブログを見る]

[2年前の今日のブログを見る]

[3年前の今日のブログを見る]

[4年前の今日のブログを見る]


at 23:54|PermalinkComments(0)